南魚沼・石打エリアのオススメ定食屋は「食堂関山」だ!

新潟県南魚沼市の石打エリアでオススメの定食屋の「食堂関山(せきやま)」をご紹介します。
湯沢エリアからもそこまで遠くないので、足を伸ばして見る価値があると思います。

昭和の古き良き食堂的な雰囲気


なお関山はいい意味でレトロな感じなので、デートには向かないかもしれません。
いや、向きませんね。オシャレではありません。アットホーム感がすごいです。

僕が行ったときは毎回会えませんでしたが、猫もいるらしいです。
なので猫アレルギーの人は少し注意が必要かもしれません。(一緒に行った友人は結構な猫アレルギーですが、そんな気にならなかったみたいです)

予約で10何人とか言ってましたので、結構な人数が入れます。座敷も合わせたら30人くらいは入れそうでした。

ポイントは味、リーズナブルなお値段とボリューム感

さて、では食堂関山は何がそんなにいいのでしょう。
オススメのポイントを3点挙げていきます。


美味いです!気取った感じの味わいではなく「こういうので良いんだよ」という感じの安定感のある味です。家庭料理に近い感じですね。
定食と、後でご紹介する赤麺のラーメン・担々麺がおすすめです。
定食と丼ものに使われているのは南魚沼産のこしひかりを使用しており、米も美味いです。

リーズナブルなお値段


ラーメンは580円、日替わり定食は780円から食べられます。
この辺りは外食の物価が少し高くなりがちなので、この値段でお腹いっぱい食べられるお店はありがたいですね。
このエリアに長く滞在すればするほどありがたみを感じれるお値段設定になっています。

ボリューム感

ボリューム感もあります。
ガテン系のお腹がハチ切れるほどむちゃくちゃボリューム感があるかと言われたらNOですが、男性でも普通の方は結構お腹一杯になるくらいの量の感じだと思います。
少なくともボリュームでガッカリすることはないくらいの量なので安心して注文してください!

担々麺なら赤麺がオススメ!


担々麺を食べるのであれば、ぜひ麺は赤麺を試してみてください!
赤麺は唐辛子を混ぜ込んである麺で、担々麺を普通の麺と赤麺のどちらも試してみたところ、圧倒的に赤麺がオススメできるなと感じました。+50円のみでこの麺に変えれるんですから、絶対に変えるべきです!
もちろん個人差もありますが、おそらくこのエリアに訪れる人はウィンタースポーツの盛んな冬季だと思いますので、辛いものを食べて体を温めたくなるんじゃないでしょうか。「ウマ辛」といった言葉がよく似合う感じの味わいで、体がポカポカ温まりますので寒い日に特におすすめできます。

辛いのが苦手な方は、担々麺の辛さを控えめにした上で、赤麺を試してみましょう!
お店のお姉さんも「担々麺の辛さを控えめにして、麺は赤麺にするのが一番正解」とおっしゃっていました!

営業時間に注意!

営業時間は以下の通りとなっています。

11時30分~14時30分
17時00分~21時00分

14:30でお店が一旦締まりますので、「遅めのお昼」に行こうとしている方は注意してください。17時になると夜の部としてもう1度オープンします。
夜の部でも気軽に定食を頼んで良い雰囲気ですので、安心してください。

駐車場は狭いけど、トラックも停めれます!

駐車場はめっちゃ狭いです。泊めづらいし、出づらいです。
「トラックも停めれる」というのは矛盾しているようですが、隣に国土交通省管轄の休憩所、塩沢道路ステーションがありますので、ここに駐車しましょう
運転に自信のない方やレンタカーの方は、店の駐車場が空いていてもこちらの道路ステーションに駐車するのをおすすめします。
バスとかトラックが泊まってる大型の駐車場が隣にありますので、すぐわかると思います。セブンイレブンの道路挟んで反対側です。

  • 住所: 〒949-6371 新潟県南魚沼市関1246−6(google mapで見る
  • 営業時間:11時30分~14時30分, 17時00分~21時00分
  • 支払い方法:現金のみ
  • 場所はここです。

    このエリアを訪れたのであれば、ぜひ一度は足を運んで見る価値のある定食屋だと思います!
    高くもないので、ぜひ行ってみてください!