.webpがウザい人のための変換ダウンロード用chrome拡張機能

ウザいwebp画像をjepg,pngで保存

ダウンロードしたら.webpだった時の悲しみ

ブラウザでネットサーフィンしていて、面白い画像だからダウンロードしようとしたら.webpだった悲しみは世界中の人が体験していると思います。

この記事タイトルに引寄されてアクセスしてきた貴方もそんな一人なんでしょう。
でも大丈夫です。chromeのエクステンションを入れればWebPの画像形式もjpegやpngといった形で保存できるようになります。

そもそもwebpって何よ
chromeのエクステンションで対応する前に、最低限知っておいた方が良い知識を軽く解説しておきます。
.webpは、.jpg とか .png と本質的には同じ画像ファイルです。.jpgだったら「jpeg形式の画像」.pngだったら「png形式の画像」という感じで、.webpだったら「WebP形式の画像」です。

なんでこんなもんがあるんだよということですが、WebP形式は次世代の画像形式の一つであり、「サイズが小さく高画質」という特徴があります。スマホで外でネットしてる時に、余計な通信量を使いたくありませんよね。そんな「外でもネットをする時代」のために生まれた軽量の画像形式がwebpです。
時代の流れとしてはむしろ従来のjpegやpngよりは、むしろwebpを推奨すべきであり、対応しないビュアーなどのソフトも悪いとも言えます。

Chromeのエクステンションで回避しよう

今回使用するのはSave image as Typeというエクステンションです。
多分webpで苛つくような方にchromeエクステンションのインストール方法は不要でしょうので、インストールは略します。

Save image as Typeの使い方

まあ使い方というほどの事もありませんが、一応使い方を軽くご紹介します。

以下の画像は憎きwebpです。普段みなさんがやっているダウンロード方法(ドラッグなり、コントロール+Sなり)で保存してみて下さい。
そうすると、まあwebp形式なので.webpが保存されますよね。

↑テスト用の.webpです

ではwebp画像を右クリックすると、以下のようなメニューが現れます。
ウザいwebp画像をjepg,pngで保存

jpegでもpngでも好きな方を選んで保存しましょう。

ウザいwebp画像をjepg,pngで保存

ちなみにあまりいないとは思いますが、jpeg・png→webpで保存することも可能です。
まあそんなこんなでSave image as Typeでのご紹介でした。