ヒーロー紹介:ヨルガン

この記事ではみんな大好きヨルガンの概要や育て方の指針をご紹介したいと思います。
この記事作ってて思ったんですけど、ヨルガンがスキル1番使う時って飲み会で「もっと飲めよ!」って言ってくる人に似てますね。

概要

役割:コントロール、サポート
入手法:アウトランドショップ

ヨルガン(Jorgen)はエナジーコントロールがメインのサポートヒーローです。読み方はヨルガンでもジョルガンでもジョルゲンでも良いと思いますが、このサイトではヨルガンで統一しています。
魔法チーム、物理チームどちらのチームにもフィットし、チームに1体は入れておきたい万能感のあるキャラですのでとりあえず育てておいて損はないキャラです。どのサーバーのArena上位50人を見ても、約7割以上の人はヨルガンを入れています
魔法チームにとってはヨルガンはスキル1番の発動回数が他のヒーローより多いため、アーティファクト1番のチーム全体のMagic Attackの強化が効いてきます。また物理チームにはスキル3番のLeperが非常に強力なアシストとなります。(後述)

ただヨルガンは単体では何の意味も成しません。ヨルガンだけを強くしてもバトルには勝てませんので注意して下さい。敵に多少のダメージは与えますがほぼ完全にコントロール(というか敵への嫌がらせ)の役割に回っています。

また育成的な面でいうと、「育てなくていい」のがヨルガン最大のメリットです。
強さの源泉がステータス依存でなく完全にスキル依存のため、スキルを上げておけばとりあえずなんとかなります。また硬いのも良いですね。デフォルトでHealthが高く死にづらいキャラのため、GlyphsやスキンなどでArmorやMagic Defense、Healthなどを上げる必要がありません。(優先順位として低いだけですので、もちろん上げるに越したことはありませんが)
ヨルガンにリソースを回す必要がないので、その分DPSやタンクを集中して育てることが可能です。装備に関しても他のキャラの1周遅れくらいで大丈夫です。

まあなんというか、一家に一台欲しいヒーロー、それがヨルダンですね。

ステータス

レベル130、レッド+2で全ての装備・スキン・アーティファクト等をマックスにしたときのステータスは以下の通りです。

  • パワー:126002
  • Intelligence:3554
  • Agility:2647
  • Strength:13207
  • Health:863793
  • Pythical attack:18551
  • Magic attack:38599
  • Armor:19162
  • Magic defense:33916

スキル依存のヒーローですが、Healthが高いのがやはり良いですね〜。全ヒーローとの比較で見ると全ヒーロー中Magic Defenseが2位、Healthが3位、Strenghが4位とスキル依存のヒーローのくせにステータスも高いのがヨルガンのすごい所です。硬いですね〜。

その他のステータス表も添付しておきますので、参考にしてみて下さい。(クリックで拡大)

スキル

Tourment of Powerlessness


1番目のスキルですね。エナジーが溜まったら発動可能になります。
敵前線のキャラに魔法ダメージを与え、ついでに呪います。呪われた敵ヒーローは9秒間エナジーを得ることができなくなります。呪われた敵にはチェーン付きの球体がつきますのですぐわかると思います。
ダメージ自体はそこまで強くありませんが、ヨルガンは4番目のスキルで敵のエナジーを盗んでいくためこのスキルをガンガン発動でき、最終的には無視できないダメージとなります。

Cycle of Energies


味方のランダムな1体にシールドを張ります。
物理・魔法・無属性全てに有効なシールドで、このシールドが生きている間はその味方ヒーローはエナジーを2倍得ることができます。

Leper


このスキルがヨルガンが物理チームにも合う理由です。10秒間敵全体を呪って、最後尾の1体のみに物理攻撃が行くようにします。糸のようなものが最後尾まで伸びているのがLeper発動中のサインです。
相手チームに強力なカークがいたりすると最悪ですね。ゲーム中最高火力の物理攻撃力を誇るカークの攻撃が最後尾の1体のみに集中するため、最後尾はだいたい死にます。
上記の画像で、本来ダメージが行くはずだったヒーローのダメージはredirectと表示され、最後尾にダメージが行っているのがわかると思います。スキルのレベルによって効き目が変わり、スキル画面のレベル以上の相手にLeperが使われると一部のダメージのみがredirectされます。

Tainted Wounds


ヨルガンが攻撃するたびに、攻撃対象のエナジーを盗みます。

盗んだエナジーはヨルガンに+されます。OPですね。

ヨルガンの育て方

ヨルガンをチームに加えるのであれば、スキルは絶対にマックスまで上げましょう。スキル依存のヒーローなのでスキンやGlyphsはそこまで重視する必要はなく、戦闘で死なない程度まで育てればOKです。

スキル以外で強いて強化するものがあるとすれば、魔法チームであればチーム全体のMagic Attackが強化されるアーティファクトの1番目ですかね。やはりスキル4番でエナジーがガンガンたまっていきますので、発動回数の多いヨルガンのアーティファクト1番はそれなりに強化しておいても良いでしょう。

逆に物理チームなのであればMagic Attackが上がっても意味がないので、スキルだけ上げてあとはそこそこにしておき、他のヒーローにリソースをまわしましょう。

スキンの優先順位

Default >= Champion >=Devil
一応優先順位はつけましたが、ぶっちゃけスキンを育てる必要はありません。
別にチャンピオンスキンを育てなくてもHealthは756,923まで上がりますから全然死なないです。Devil育ててMagic Defense育ててもしゃあないです。
他のヒーローのスキン(赤色なので、タンクのArmor)に集中させましょう。

Glyphsの優先順位

Strengh > Magic Attack > その他

う〜ん、Glyphsもそんなに育てなくてOKです。ゲームの進行具合によりますが、25くらいまでですかね。他のキャラがマックスになるまで、ヨルガンは40とか50までは上げなくてもOKです。

「何かヨルガン最近死にやすいな〜」と思ったらArmorとか強化しましょう。

アーティファクトの優先順位

1番目 >  2・3番目

魔法チームに入れるのであれば1番目に集中して下さい。
2番目はタンクに、3番目はDPSにまわして、彼らが全員上のランクまで行ったらそこで初めてヨルガンにまわしましょう。

ヨルガンのチーム編成

ヨルガンはどのチームにも基本的に合いますので、あんまチーム編成とか考えなくてOKです。
このゲームではチーム編成は基本的にはDPSを中心に考えますので、ヨルガンに関してはチーム編成ってのは基本的に考えなくてもOKです。基本的にどのチームにも入れれますからね。

悩むとしたら5番目のサポートにヨルガンを入れるか、ネブラをいれるか、はたまたセレステかっていう感じで悩みますかね。

ヨルガン入手法

ヨルガンは少し入手法に癖があるというか、アウトランドショップでしか手に入らないんですよね。(まあ召喚後はガチャでもひけますが)
基本的にショップで購入できるヒーローのストーンは課金でのオファーやヒーローストーンチェストで手に入れるべきではないと思いますが、ヨルガンだけは例外で課金したりチェストから出してしまっても良いと思います。

アウトランドショップには貴重なスキンチェストやオレンジの固定アイテムが販売されていますので、コインが貴重なんですよね。ヨルガンのストーンをショップで集めてしまうと、スキンチェスト等を手に入れる貴重な機会を逃してしまいますので、課金やヒロイックチェストで出してしまっても良いかなと感じます。(実際僕もオファーのストーン80を課金で購入し、さらにビッグイベントのヒーローストーンチェストを1つ使用し合計180個はショップ以外で手に入れてます)