更新再開しました

アクセル(Axel)

アクセル

概要

ボーナスステータス(青色で開放)
魔法攻撃:9,958(最大値)
アーマー:9,958(最大値)

アクセルは守備型のペットです。
戦闘中に使用する6体目としてのペットとしてはアクセルは一番汎用性が高く、どのような相手でも役立てるので非常にオススメできます。ゲームを始めたばかりでどのペットが良いかわからないという方はとりあえずアクセルを選んでおけば損することはありません

スキルを見ると「守備限定のペットじゃない?」と思われるかもしれませんが、攻撃でもめちゃめちゃ役に立ちます

アクセルの一番の特徴は戦闘中のスキル「正義の泡」です。詳しくは後で解説しますが、このスキルがあることによって打たれ弱いDPSなどの生存率がぐっと上がります。このゲームは生き残っている味方が多ければ多いほど有利なゲームですので、打たれ弱い味方の生存率があがるというのは非常に強力なアドバンテージになります。

なおゲーム序盤〜中盤ですと、プレイヤー間のパワーがかなり開いている事も多いので、アクセルの恩恵をあまり実感できないかもしれません。相手のDPSからのダメージが、正義の泡で散らせるダメージを一気に超えてきたりしたら元も子もないですからね。

序盤に一番効果が実感できるペットはおそらくオリバーですが、後半になってくるとアクセルのありがたみが分かるようになってきますので、焦らずに育てていきましょう。(もちろんオリバーと同時並行で育てるのもおすすめです)

支援可能ヒーロー

アイコン名前役割
オーロラオーロラタンク
ルーファスルーファスタンク
アスタロスアスタロスタンク
マーカスマーカスヒーラー・タンク
サトリサトリ魔法DPS
アルバノールアルバノールサポート
マヤマヤ純ダメージDPS・ヒーラー
アラクネアラクネコントロール・DPS
クリスタクリスタ魔法・純DPS
ジャッジジャッジ魔法使い
モリガンモリガンサポート・ヒーラー
セレステセレステヒーラー
カイカイ魔法DPS
アイザックアイザック魔法カウンター
モージョーモージョー魔法DPS
ハイディハイディ純ダメージDPS
ヨルガンヨルガンコントロール
オリオンオリオン魔法DPS
ラースラース魔法DPS
コーネリウスコーネリウス魔法カウンター
フェイスレスフェイスレス
コントロール
リアンリアン純ダメージDPS・コントロール
フォボスフォボス魔法DPS
ドリアンドリアンヒーラー
ペピーペピー魔法DPS
ジェットジェットサポート
テアテアヒーラー
ヘリオスヘリオスクリティカルカウンター
マーサマーサヒーラー

戦闘中スキル

アクセルを戦闘の6体目のメンバーとした場合に使用されるスキルです。

発動中のスキル1:正義の泡!(Bubbles of Justice!)

アクセルの第1スキル

アクセルは魔法と物理ダメージを味方全体に分散するシールドを展開する。分散ダメージは残りHPによって決まる。
最大分散可能ダメージ:685,800 (スキルパワーの5,500% + 6,000) 
クールダウン:15秒
※この動画では、真ん中の3人が大ダメージをうけそうなところを、HPの高い前後のジリとマーサにダメージを分散させています。また、動画ではわかりやすさを重視するためにカークのスキル発動直後にアクセルのこのスキルを発動していますが、1回スキルが発動すればタイミングは関係なく、キャパ分であればいつでも分散することが可能です。

アクセルの能力の中でいちばん大切なスキルです。
ある一定数までのダメージを味方全体に分散させることができます。基本的には打たれ弱く、HPが低いヒーローの生存確率を上げるためのスキルだと考えてください。

受けるダメージ自体は変わりませんが、例えばHPの低いDPSやサポートが即死レベルのダメージを受ける時、このスキルが発動していればHPが高いヒーローが多めにダメージを引き受け、即死を回避することができます。

たとえ残りHPが100のヒーローがいたとして、ダメージがこのシールドのキャパを超えない限り、いくらダメージを受けてもチーム全体に分散されるため、そのヒーローが死ぬことはありません。

なおこのスキルでは、純ダメージは分散されないということに注意してください。

発動中のスキル2:健康的なお菓子!(Healthy Snack!)

アクセルの第2スキル

アクセルはHPが最も少ない味方の足元に魔法の海藻を育てる。海藻は10秒のあいだ、回復量を増加する。海藻の効果は回復される際に初めて起動する。

最大ヒール増加量:50% (スキルパワーの0.325% + 9.8)

クールダウン:5.85秒

HPの一番低いヒーローに対するヒールを最大で1.5倍にすることが可能になります。

アクセルが一瞬青くなるのがこのスキルの合図です。そしてヒールがトリガーとなり起動した海藻はニョキニョキ生えてきますので、すぐわかると思います。
発動後も、起動しない(=そのヒーローがヒールされない)限りは海藻は消えることはありません。
この海藻は同時にいくつも存在する事ができます。もしまだ起動していない海藻があった場合、その次にHPの低いヒーローのもとに2つ目の海藻を生やします。

動画では以下のような流れがで海藻が発動・起動しています。

STEP.1
アクセルがこのスキルを発動(3本目/セバスチャン)
STEP.2
セレステが自分をヒールし、自分の分の海藻を起動
STEP.3
セレステがセバスチャンをヒールし、海藻を起動

支援効果(パトロン)

支援スキル:守りの泣き声!(Defensive Blub!)

アクセルの第3スキル

アクセルはヒーローを強力な攻撃から守る。

ヒーローが受ける最大ダメージ:最大HPの45% (支援パワーの-0.226% + 70)

1発で受ける最大ダメージを減らします。カークやコーネリウスのような大ダメージを与えてくる敵からの即死レベルの攻撃を防ぐことが可能になります。
このスキルによって軽減されたダメージには赤い斜線がつきます。
動画ではハイディ(猿のヒーロー)にアクセルをつけていますが、21万ダメージという即死レベルのダメージを受けそうになったところを、このスキルの影響で12万ダメージを軽減して9万ダメージで踏みとどまっています。
逆に言うとヤスミンのようなチクチクダメージを与えてくるヒーローには全く意味のないスキルです。

アクセルの育て方

アクセルを6番目のメインペットにするかどうかによりますが、6番目に入れるのであれば、右側の石(サンストーン)より左側の石(ドーンストーン)を優先しましょう
色に関しては、6体目として戦闘に参加させるのであれば、できれば紫くらいは欲しいところです。
紫+1、可能であれば+2の左側マックスくらいあれば、80万オーバー同士の戦いでも全然使えます

6番目に入れないのであれば、正直パトロン時のボーナスステータスのアーマーくらいしか汎用的な利点がないので、そこまで力を入れて育てなくてもOKです。